仏検〇級持っているのに
簡単な日常のフランス語会話が聞き取れない!?

【簡単な日常会話が聞き取れない理由とその解決法】
中村朋子 仏検1級成績優秀者で一発合格

みなさん、こんにちは。
アミティエ外国語教室の中村朋子です。
「仏検〇級持っているのに簡単な日常のフランス語会話が聞き取れない!?」
という一文にドキッとした方、私も同じ経験をしたことがあるのでどうぞ安心してください。
きっとこのメールでその理由やそのために何をすればいいのかがわかると思います^^

 

簡単な会話が聞き取れない!

私は仏検2級くらいを取得して以来、結構長い間、そして仏検1級に合格してからも「なぜ普通のフランス語会話が聞き取れないのか?」ということに疑問を持ちながらもその理由について深く追求してきませんでした。というのもフランスに住んでいるわけではないので日常生活で困ることはなく、フランス人の友達とのやりとりもメールなので問題がなかったからです。

ただ、フランスへ旅行に行くたびに自分が読める文章と聞き取とれるフランス語のレベルに大きな差があることを痛感していました。

長年の付き合いのフランス人の友達とはお互いに気心が知れているので言いたいことがわかるのですが、初めて会うフランス人との会話では微妙な愛想笑いの連発。
ましてや子供のフランス語はもうフランス語として耳に入ってきません(><)

通りで話しているフランス人の会話もよくわからず、狭いレストランで隣のテーブルのフランス人たちの会話もちんぷんかんぷん。フランス語で注文する私に気付き、いきなり横を向いて話しかけられた時にはもう「ど、どうしよう!」という感じでした。

「フランス語のニュースは読めるのに、どうしてマルシェでお店の人が話してくれていることが聞き取れないんだろう?」

お店やレストランでフランス人がバチっとウインクをしながら話してくる時って、何か気の利いた面白いことを言ってるはずなんです。その肝心の部分が聞きたいのにわからない。

フランス人のユーモアのセンスを味わいたい、できればそれに一言何か返したい、というのが私のフランス語熱の大きなモチベーションなので、これが聞き取れない時のショックは相当なものです。さすがにこういう時に「もう一度ゆっくり繰り返し言ってください」なんて仏検の面接で面接官に言うようなヤボなことを言う勇気はありません^^;

ところで、余談ですがフランス人女性が男性を選ぶ時のNo.1の条件をご存じですか?

外見、身長?学歴?

いえいえ、No.1はこの「ユーモアのセンス」だそうです^^

フランス人のユーモアを体験したい方はこちらの動画へ

フランス語ニュースの方が日常フランス語よりも簡単!?

日本語でも書き言葉と話し言葉は全然違うので、フランス語の文章が読めたからといって日常会話が聞けるということにならないのはおわかりかと思います。

ちなみに私にとっては今でもフランス語のニュースの方が普通のフランス人の日常会話よりも簡単です。「えっ!時事のニュースの方が日常会話よりも簡単?」って思いましたか?

でも、よく考えてみてくださいね。

ニュースキャスターはニュースを自分で考えながら話しているわけではなく、出来上がった原稿を読んでいるだけです。しかも文法的にほぼ間違いのない綺麗な文章を。
でも日常会話では、私たちは話す内容を頭で考えながら話しているので、用意された原稿のような美しい文章を話すことはできません。
むしろ文法の観点からみると間違いだらけの日本語を話しているのではないでしょうか?

・・・・と考えるとだんだんと普通の会話が聞けるようになるためにどうしたらいいか見えてきたような気がしませんか?

そうなんです、普通の日常会話が聞き取れるようになるためには、むしろ文法通りでない【実際のフランス語】に慣れないとダメなんです。
文法的にきれいなフランス語を日常会話に期待している限りいつまでたっても話し言葉を聞き取ることができません。

私はこれに気付くのにとても時間がかかりました。フランス人は完璧なフランス語を話していると思い込んでいたようです。自分も完璧な日本語を話しているわけではないのに…

なぜ簡単な日常フランス会話が聞き取れないか、という理由が分かったところで、次回は具体的に【実際のフランス語】ってどういうフランス語のことを指すのかについて話してみたいと思います。

私が思うに【実際のフランス語】の特徴は〇〇と〇〇の二つ。
まずはこれに気付くこと、そしてこの二つに慣れること。これに耳が慣れたらフランス語会話の聞き取り力は飛躍的に変わると思います。

 

一日でも早く。今より若い時はない

【実際のフランス語】とは何か?について話す前に…

私は外国語を学習したいなら、少しでも早い時期にリスニングを始めることをお勧めしています。文法や読み書きは大人になってからでも身に付けることができますが、ことリスニング力に関してはそうはいきません。
私はここ10年間英語よりフランス語に力を入れていますし、英語については英検準1級までしか持っていませんが、それでも英語のリスニング力がフランス語より高いのは、英語を始めたのは12歳、フランス語を始めたのが18歳。
この6年の差にあると思っています。

どの子供も生まれた国の言葉を話せる能力の臨界期がだいたい10歳。
この時期に少しでも近い方がいい。

だから、リスニングは1年でも早く、いえ一日でも早く始めた方がいい、というのが私の持論です。今より若い時はありませんから!

【実際のフランス語】の特徴に戻りますね。
それはずばり「省略」と「挿入」です。

まずは「省略」からお話すると、実際のフランス語の会話のスクリプトの中では下記のような表記が出てきます。

  1. j’vous montre
  2. des p’tites vidéos
  3. t’as
  4. t’es
  5. J’te cherchais
  6. Tu s’rais pas
  7. Y a pas d’oeufs

さて、これらのフランス語表記を日本で売られているフランス語のテキストで目にしたことはありますか?

おそらくないと思います。

文法的にはエリジヨンをしない場合ですから。

でも実際の会話の発音をスクリプトにするとこのような表記で書かれる、というのはこのように発音しているからです。

これが会話で起こる「省略」です。

次に「挿入」ですが、会話では人によって口癖のような挿入後が入ってきます。

  1. voilà
  2. du coup
  3. vous voyez
  4. tu sais
  5. je crois que
  6. Et là
  7. Dis donc
  8. Bah, écoute

このような挿入語句が文章の途中でポンポン入ることで、主語と動詞をとらえにくくなります。

ただ、この「省略」「挿入」の存在に気づき、これに慣れると会話の文章は決して難しいフランス語ではなくなります。

 

リスニング力を上げるための2つの条件

日常フランス語を難しくさせている犯人「省略」と「挿入」がわかったら、日常会話のリスニングアップ方法はほぼ解決したのも同然です。

この後することはただ一つ。
はい、それはこれらの日常フランス語をたくさん聞くことです。

とてもシンプルなことですが、ここで大切なことが2つあります。

まず一つ目、それは正しいスクリプトがあること。

正しく単語が聞けているか、構文が取れているか、を確かめるためには、正しいスクリプトが必要になります。

聞きっぱなしで、わからなかった箇所もそのままではリスニング力を伸ばすことはできません。

聞けなかった理由が、単語を知らなかったからか、構文を知らなかったからか、速さが早かったからなのか。それを確認することで、自分のリスニングの弱点がわかり何を強化すればいいのかが見えてきます。

二つ目としては、教材が楽しいものであること。

リスニング力を伸ばすのには時間がかかります。
つまり継続が必要ということ。
そのためには楽しい素材でなければ続きません。
連続ドラマのように続きが気になって仕方がないものだと理想ですね。

 

生きたフランス語を学ぶ【Virginie】

生きた日常会話が学べる教材、連続ドラマのように続きが気になってします教材、子供の可愛さに思わず微笑んでしまう教材、それがこの【Virginie】のサイトです。

2021年7月24日(Virginieの誕生日のイブ)にオープンしたこのアミティエの姉妹サイトは生きたフランス語を聞くことを目的に作りました。
すでに13本の動画を掲載しており、週に一本のペースでフランスのランド地方(ボルドーの近く)から
私の友人Virginieが届けてくれる動画をアップしています。

https://french-family.online/

Virginieのパートナー、双子の息子たちとの日常、料理のレシピ、Virginie一家の友達たち、の動画を見ているとまるでフランスの家庭にホームステイをしているような気分でフランス語を学べます。

子供も登場しますので、難関の子供のフランス語にも挑戦できます。

Virginieが送ってくれる動画を編集し、日本語で解説している私ですが、この動画からたくさんの表現を学び、リスニングのトレーニングをしています。

この【Virginie】の動画で私と一緒に【実際のフランス語】をモノにしたい方には次の勉強方法を提供しています。

学習版Virginie動画

ホームページに掲載の動画を基に、私が学習版動画を作りました。動画の中では私がスクリプトを紹介しながら一文づつ日本語で説明をしています。

現時点では1巻づつの個別販売と、1巻から10巻までのお得なセット販売を行っております。

①から⑩巻のセット動画はメモリスティックとストリーミングの両方でそれぞれ販売しております。

一巻¥3,300(全文PDF、税込) データで販売
①~⑩巻セット ¥28,000(全文PDF,税込)メモリスティックで販売
①~⑩巻ストリーミング版 ¥28,000(全文PDF,税込)

フランス語の動画の長さは2,3分ですが、解説、トレーニングが入った学習版動画の長さは20~30分の長さになっています。

ご自身でじっくりと何度も見ながらフランス語会話をお勉強したい方にはおすすめの教材です。

(過去の自分に上げたかった自慢の教材です!)

★①~⑩巻セットをお買い上げの皆様には感謝の気持ちを込めてVirginieよりノベルティをプレゼントします。

さらに!①~⑩巻セットの教材をメモリスティック版をご購入いただいた先着20名様にストリーミング版(¥28000相当)をプレゼントします。

お申込みはこちらから

 

9月より開講!Virginie動画のオンラインレッスン

Virginie動画を使ったオンラインレッスンも9月より開講します。

【Virginie】動画の中の会話を一文ずつスクリプトを見ながら訳を見ていきます。
その際に重要な単語、表現、構文を説明します。
聞き取れなかった理由が語彙なのか、速さなのか、文章構成なのかをご自身で分析していただくことで自分の弱点に気付きリスニング力向上に繋げます。
内容の説明後にはシャドーリング、逐次通訳のトレーニングなども行います。
この講座を受けることでリスニングを上達させる具体的な勉強方法がわかります。

私と一緒にリアルタイムでレッスンをされたい方はぜひご参加くださいね!

  • 仏検3級~準2級向け 95日(日)19日(日)より毎月第一、三日曜日
  • 時間:午前10時~11
  • 受講費:¥6980(60分x2回 月謝制 会話全文スクリプト、単語帳込み)
  • 講師:中村朋子
  • 参加人数 先着8まで

  • 仏検2級以上  95日(日)19日(日)より毎月第一、三日曜日
  • 時間:17時~1810
  • 受講費:¥7950(70分x2回 月謝制 会話全文スクリプト、単語帳込み)
  • 講師:中村朋子
  • 参加人数 先着8まで

★10月以降も毎月第一、第三日曜日に開講します。10月以降の予約も可能です。


    種別必須
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    備考※ご予約日時などはこちらにご記入お願いいたします。
    上記の内容で送信しますか必須